補足としまして

2021年1月9日

更に多数の感染者数、としまして、緊急事態宣言が首都圏だけではなく、全国に、と変わりました。
残念ながら、「人の流れを止めれば、感染が抑制」というレベルはとうの昔に過ぎていて第一波の際の緊急事態宣言で止められなかった事は多くの人が学習しているのではないでしょうか?
少しでの多くの方に考えを共有して欲しいので根拠を説明します。
・前のブログでの紹介した様にコロナはじめ、ウイルス(風邪)の特性はあっという間に変異し形を変える。
・未だに病院内でクラスターが発生している原因としてスタッフのPCR検査が陰性だったのに翌日には陽性に変わり、感染源となっていた。
この一例だけでもPCR検査が万能ではないし、では、どうすべきか?を考えなきゃ、命を救う場所であるべき、ところがそうですから、救えるわけには。この要因にやはり、スタッフ要員不足で余裕をもってシフトが組めないから、という事が。

・PCR検査で陽性になったから、という点が重要ではない
偽陽性、微陽性など(体操の内村、野球選手等)で話題になり、口の中に死んだウイルスがいての陽性となったり、この時点で免疫力の高い人はウイルスを抑え込み、発症には至らない。重要なのは発症し、咳やくしゃみで他人に移す状態(他人に移すのもこの時期)だったり、抗体を持っていないと重症化したり、後遺症が残るようになる。

・国、行政、厚労省は国民の命を守る、という点が最優先すべきなのに経済優先で全ての対応が後手に回った。それが現在でも改まっていない。厚労省においてはコロナが全てでは無いのにコロナの感染力のみがクローズアップされ、特性など、現時点で分かった(情報独占)事項も説明されていない。政側の人達はそれが分かっていてオリンピック、自分達の地盤固め等を優先しているのだろう。

今、思いついた事を箇条にしましたが、残念ながら、しばらくは発出されたところで感染者数は減少しないでしょう。

行政には何を求めるべき、なのか?

まず、出来る事はインフルエンザの際はどうだったか?を思い出して頂き、ご自身の免疫力を落とさない事に心がけて頂く。
勿論、コロナウイルスを身体の中へ取り入れない事は重要ですが

Ps.真実をもっと多くの人が理解、共有が重要ですが

BEAUTY, BLOG, HOBBY, HOME

Posted by koasa