高円寺のこあさじょうじ美容室

発毛剤、育毛剤のこれから

qa 紫ボール 発毛剤・育毛剤のこれからは?
紫ボール 20年以上前から、4~5年後くらいには発明されるだろうと言われていましたが・・・。

発毛のメカニズムは解明された現在、TV-CM<発毛時代>で期待される方もあるかと思いますが、肝心の成長期毛にまで育毛させられるのか?ということに関しては残念ながら殆ど解明されていないと言わざるをえないのだそうです。
発毛はできても正常のヘアサイクルを持った髪にはできていないという意味なのですが、 育毛のメカニズムのどの点について考えなければならないポイントかとあげますと

毛母細胞の分裂促進のための活性化剤
毛乳頭から毛母細胞への栄養の受け渡しの促進剤
安全な男性ホルモン拮抗剤
5αリダクターゼの活性阻止剤

ということになります。[毛母細胞の分裂促進のための活性化剤]は天然資源の中から有効物質でも抽出できない限りなかなか難しいといわざるをえませんといわれていましたが、この程、順天堂大学にて試験管で髪を培養できるようになり、元々体内にもある物質の一つ、HGF(タンパク質)に成長を促すことに効果的と分かったのだそうです。髪の薄い人に多めに与えてあげることで安全で効果的なものにできるのでは?と研究が進められているのだそうです。
[毛乳頭から毛母細胞への栄養の受け渡し]の促進に関しては毛細血管の拡張を考えれば良いということからミノキシジルが話題となっています。日本では濃度の点での安全性が検討され、昨年発売となりました。
[安全な男性ホルモン拮抗剤]は女性ホルモンが考えられますが男性に使用の場合が多いので副作用の点からストレートには使用できないそうです。類似効果の点から前立腺肥大の治療薬が考えられ十数年前からオキセンドロンや酢酸クロルマジノンなら良いのではと考えられたのだそうです。しかし、副作用のインポテンツが強く難しかったのだそうですが米国での同系の薬・プロペシア内服錠として発売されるや無責任なマスコミがはやし立てましたが効果の程はどうなのでしょうか?
[5αリダクターゼの活性阻止剤]一番可能性があるのだそうですが問題必要箇所まではこべるかどうかのDDS(ドラッグデリバリシステム)の問題があります。
それと大手化粧品メーカーでは男性型脱毛症が起きるメカニズムとしましてTGF-βという物質が関与してることを発見。
男性ホルモンが活性化すると⇒TGF-β生成⇒酵素を刺激⇒毛母細胞死となることからこの流れを安全に止めることができれば有効な発毛剤ができるものと研究されてるのだそうです。
というようなことで養殖不可能とされたものも現在は可能になりましたり、絶滅種《トキ》も人口孵化もできましたから数年後にはなるのですが現在できることは?という繰り返しになりますが

病気で抜けた髪も抜けた髪は必ず生えてくるという原則があります。また男性型脱毛症の方も 現時点では脱毛の広がる速度をどこまで遅らせられるかがポイントとなります。 正しい、ケア方法を知り髪の健康に気をつけましょう!

実際に多くの髪に触れる職業をしてますとご自分の髪が他の人と比べてどうなのかも勘違いしてらっしゃる方が少なくありませんし、自分では見ずらい部分ですから、おかしな情報に惑わされることなく

豆知識
髪はヘアサイクルという代謝の一部ですから、バランスの良い生活習慣で髪の健康にも心がけてください。ご自分の髪にあった対処法をされてこそ育毛剤も効果を表すものですので安心できる処にご相談ください。

Q&A

髪の悩みなどもお気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-3339-5544 受付時間9:30~19:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


予約カレンダー

2018年9月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
2018年8月

PAGETOP
Copyright © こあさじょうじ美容室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。