本日発売の週刊誌に室井佑月さんがヘアメイクさんより推奨されたシャンプーを絶賛してる記事がありました。
一昨日も有名演歌歌手などが広告塔となり逮捕された健康食品がありましたが、もう、こういう流れにもっと消費者も疑問を持たれても良いのではないでしょうか?
彼女は男性だと総理の批判をすると出演依頼、契約を打ち切られてしまう様な昨今におても堂々と正論をぶっつける姿勢に対してはエールを送りたい!って思っているのですが、少々、脱線する事態も(^^)

インターネットが無かった頃は情報発信者の内容がチェックし易かったからか、「朗かに嘘と思える様な広告はしてはいけない」=広告審査機構というルールがありました。

それが今は個人においても簡単に発信者になる事も出来、制御出来ないからか?無法化社会状態
オレオレ詐欺には警鐘されても、商品選択などにおいては「自己責任」「騙される人が悪い」
またサロンや美容師も知識の無い消費者=お客様に相談されても騙した、という結果とならない判断基準が無かったり、騙す側に回っている人達が少なくないのが現状の様です。
以前の僕ですとその様な投稿を見かけると余計なお世話と思っても「どういう事が理論的にも駄目なのか」を説明させて頂いたり、メディアに対しても視聴者相談窓口に苦情を言ったり。でも組織に対しては無駄だという事も学習しましたので今は僕のブログで発信させて頂く事に止めています(^^;)

もう、「騙せるお客様」ではなく「信頼関係」を築いて行かなければいけない時代なのでは?と。

シャンプー選択においては十数年前の規制緩和より自己責任において購入しないといけない商品となった訳ですが、適正と思われる判断基準を身に付けて頂きたいものです(^^;)