美容師の一言で炎上したりしないでしょうが、あまりにもいい加減の幕引きになりそうなので一言、ブログにて残させて頂きます(^^;)
僕はプロフィールにも紹介させて頂いておりますが、高校時代に一言ならぬ愛情にてご指導頂けた恩師に憧れ、恩師の様な教師になりたい!と恩師の母校へ入学した次第でとてもスポーツ、勿論、相撲も選択をしていまして好きです。
しかし、商業化された現在においてはプロ=収入を得て生活の糧にしないといけないとなると本来のスポーツの良さであるべき、正々堂々やかつてのスポーツマン精神と言われたものも失われてしまい、単なるエンターテインメント。人気のある人によって公平性も損なわれてしまうので否定的な見方をしています。

何においても共通していると思いますが「観てる側に見識が無いと組織は腐敗」と言えるのでは?
今回、特にヒドいと思いますし、国技と言われる相撲がおかしな事になっているので発言をさせて頂きます(^^)

整理させて頂きますと、モンゴル出身力士による親睦会に貴乃花親方には「参加するな」と反対されていたにも関わらず、出席してしまい、暴行を受けて帰宅。
反対されて出席したから親方には経緯も正確には報告出来ず、ウソをついていた。
また協会も穏便に事を済ませたいと軽傷とウソの診断書を提出していた事も事の経緯を知った貴乃花親方が知り、「協会は信じられない」と警察に告発し、本当の診断書を提出。
それで今回の騒動が周知となりました。

貴乃花親方はすべて警察に任せた、とし、一貫して警察の捜査が終わるまで発言はしない!と無言を通しています。

一昨日も協会は九州場所後の関係者に対する事情徴収も終わった、中間報告とし、今までのメディアで報じられている事に相違無、。また日馬富士が引退表明した事で幕引きとなるだろう。

でも、本当にそうでしょうか?

日馬富士は貴ノ岩に悪い事をした、と謝罪したり、弟の様に思い、諭す為にリモコンや素手で十数回、殴り、白鳳などが止めに入った。後では最初は白鳳が怒り出し、その事に際し、貴ノ岩の態度が悪かったから、日馬富士が怒った等々。

僕が思うにはこれは親睦会に出席していなかった貴ノ岩に対しての集団リンチだった、と思っています。
シャンペンの瓶は持ったものの手が滑って、それで殴ってはいない、と言っているそうですが、リモコンで叩いたりしただけであれだけの大怪我にならない、と医師も発言しています。
モンゴル互助会を作り、親睦を図っているのに参加しないとは何事か?
同郷の力士達でのルールに従わないのは何事か?というリンチです。
前頭部は丈夫に出来ていますが他の部分は大切な脳を保護する、と言っても硬膜下血腫なども起きやすく、殺人行為です。
僕は警察の公正な捜査に期待していますが、今場所などの白鳳の態度があまりにも横柄過ぎ。
また、場所後の力士会等、協会の集会に出席し「貴乃花巡業部長の元では地方巡業に参加しない」と発言するなど
勘違いも甚だしい。場所中には明らかに負けた相撲に対し、自らが物言いをつけ、土俵に上がらない
それに口では注意した、と言ってはいるものの公正に対処出来ない、八角理事長やメディア陣
九州場所においては白鳳の優勝会見で万歳三唱を求められたら、観客はブーイングするどころか、一緒に歓声を上げる有様。
これでは国技と言われた相撲も底だ!と思います。
秋葉原の聴衆が安倍晋三に対して帰れコールをした様に、相撲を本当に愛していたり、先を考えているのであれば、異を唱えるべき!ではないでしょうか?
上位力士は皆、八百長の様に白鳳とガチンコでは戦わない。40回優勝なんて何の価値も無い、と僕は思います。
東京オリンピックまでやる、と言っているから、50回でも60回でも協会やメディア、相撲通気取りの人達が正当な判断をしない限りは白鳳天下、相撲界のウミは出続けるでしょう。

デーモン小暮、やくみつる、夏目ミク親方等々、貴乃花に孤軍奮闘させるのではなく、もっと正当な判断をしないと相撲ばかりではなく色々な分野がダメになるのではないでしょうか?